日本で1番けもの臭いサイト。2ちゃんねる、その他の掲示板から生き物・動物の情報をまとめている動物系まとめサイトです。犬猫・ペット大好き板から主にまとめています。動画・画像・短レスの紹介サイトです。











    【岩手/どうぶつ】「おかえり、ハチ」 津波にのまれた愛犬と11日ぶりの再会

    mixiチェック
    1 :特亜の呼び声φ ★:2011/03/25(金) 17:30:10.42 ID:???
     「おかえり、ハチ」。宮古市内で衰弱していたところを動物病院に保護されたシバイヌが
    22日、飼い主に引き取られた。津波にのまれたが何とか生き延び、11日ぶりの再会。
    家が流失してしまった家族に元気を与えている。

     シバイヌは、宮古市の市職員岩田さん(53)の飼い犬ハチ(13歳、雄)。

     自宅で岩田さんの母(83)と一緒にいたところ地震が発生。必死にハチを引っ張って
    逃げたが、津波に追いつかれた。母親は近くの金網につかまって難を逃れたが、ハチは
    首輪が抜けて波の中に見えなくなったという。

     その後、岩田さんら家族はハチを捜し続けたが見つからなかった。しかし22日、
    岩手日報でハチが動物病院に保護されたことを知り、すぐに引き取った。

     岩田さんは「最近は体調を崩すことも増えていたので、半ば駄目かと思っていた。
    本当に頑張ってくれた」と胸をなで下ろす。

     再会を一番喜んだのは母親。岩田さんは親戚のつてで新たな借家に入居できたが、
    日中に一人でいるとハチを思い出し、さみしさが募っていた。

     母親は「もう最高の喜び。津波で財産が裸になっても、ハチがいてくれれば力が
    湧いてくる」と、犬を強く抱きしめる。

    86a44e5a.jpg http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103238.jpg
    【写真=津波を乗り越え、再会を喜ぶ母親とハチ】

    ▲岩手日報(2011/03/23)
    http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103238.html



    キャプチャ
    続きを読む

    【京都/どうぶつ】猫のクースケ手紙を運ぶ 飼い主宅と工事事務所を行き来[03/25]

    mixiチェック
    1 :特亜の呼び声φ ★:2011/03/25(金) 17:47:12.36 ID:???
     手紙を配達する猫「クースケ」が、福知山市大江町にいる。脚の指をけがして「助けて」と
    言わんばかりに玄関先で鳴き続けていた猫を、倉橋さん(83)が昨春から家族の一員の
    ようにして飼ってきた。昨夏、近くの工事事務所で働く女性が、道路上にいた人懐っこい
    クースケと遊んだのをきっかけに、倉橋さん方と事務所間を毎日のように行き来する
    ようになり、心の絆を結んでいる。

     白黒2色の毛並みをした雄の猫で、倉橋さんが名付けた。

     昨年5月、自宅前で鳴き声がやまず、玄関の戸を開けると、右後ろ脚が血で染まった
    猫が倒れ込むようにしていた。「当時、周辺にアライグマが出没していました。指2本を
    かみ取られたらしく、やせこけて、見るに堪えない状態でした」と振り返る。

     動物病院で手当てを受け、自宅でも毎日、傷口の消毒や手当てを続け、やがて
    元気を取り戻して歩けるようになった。

     昨年7月のある日の夕方。便せんを折りたたんだ手紙を首輪に結んで帰ってきた。
    「かわいい猫ですね。何という名前ですか」と記されていたが、差出人が分からず
    「名前はクースケ。おばあさん2人で世話をしています」などと書いた手紙をつけて、
    朝に外出させると、差出人に届き、交流が始まった。

     自宅から50メートルほど離れた事務所に出入りしていることを確認したが、倉橋さんは
    「みなさんとても忙しそうで、声はかけなかった」という。

     それ以来、5回程度、手紙をやり取り。事務所の人たちからは「くうちゃんの甘え上手には
    負けてしまいます」「ここにいてくれるだけで癒やされます」といったものや「お尻から
    サナダムシと思われるものが出ています」と体調を気遣う文面も届いた。倉橋さんは手紙で
    感謝の気持ちを伝え、お礼にとお菓子を背負わせたこともある。

     今月上旬、倉橋さんと事務所の人たちが初対面。事務所の人たちが自費でキャットフードを
    買って与えてくれたことも分かった。

     倉橋さんは「殺伐とした世の中ですが、こんなに温かい気持ちを持つ人たちに見守られ、
    クースケは幸せ。事務所は我が家と違って室温管理が行き届き、昼間は居着くように
    なったのだと思います」と感謝していた。

     クースケは、お座りや段ボール箱に入って眠ることもしつけられている。

     事務所のパート、塩見さん(33)は「朝、事務所の戸を開けると、待ち兼ねたように室内に
    入り、段ボール箱のなかでおとなしくしています。おなかをすかしたとき、私たちの足に体を
    すり寄せて甘えてきます。とてもかわいく、事務所のアイドルになっています」と笑みを
    浮かべる。

     事務所は5、6月ごろに工事が終わり閉鎖される予定。倉橋さん、事務所の人たちともに
    「交流が途絶えると思うと、寂しくなります。クースケもきっと同じ気持ちでしょう」と口を
    そろえた。

    077aadf8.jpg http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/03/0325kuauke.jpg
    写真=事務所に届けるお菓子をクースケに背負わせる倉橋さん(左)

    ▲両丹日日新聞(2011/03/25)
    http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/03/25/003449.html



    キャプチャ
    続きを読む







    Powered By 画RSS
    スポンサーリンク
    最新コメント
    ようこそ!
    prof



    現在
    相互RSS相互リンクを募集しています。

    詳しくはこちらから!!




    ↓感謝感謝↓
    2ちゃんねる

    上記のサイト様から記事を選ばせていただいております。
    ブックマーク
    。゚+.宜しければ登録お願いします!!゚+.゚



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Yahoo!ブックマークに登録



    Twitterボタン

    ~検索フォーム~
    プライバシーポリシーなど
    当サイトではgoogleのAdsense広告を配信しております。広告配信をする際にcookieなどで情報収集をさせていただいております。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

    cookieなどで情報を発信したくない場合はcookie機能をoffまたは、プライバシー センターにてgoogle社cookie機能をオフにできます。

    アクセスカウンター