1 : ◆bWoPupG73M @関連づけ夫φ ★:2013/01/02(水) 20:19:31.13 ID:???
毎日登下校見守る15歳の黒猫、“挨拶”交わして子どもたちを笑顔に。
ナリナリドットコム1月2日(水)16時51分

目の前を横切られると“不吉”など、時として好ましくない迷信の対象にさせられている黒猫。
でも、米ワシントン州で暮らす15歳の“おじいちゃん黒猫”は、特に付近の子どもたちにとって
安全を招いてくれる吉兆な存在と見られているようだ。1年ほど前から通学路上の交差点に
現れるようになったこの猫は、毎日欠かさず中学校の交通安全指導員と共に生徒の登下校
を観察。指導員の一員として受け入れられた今では、生徒と“挨拶”を交わしては、子ども
たちを笑顔にしているという。

米放送局ABC系列KAPP-TVや米紙ニューヨーク・デイリーニュースなどによると、中学生の
通学を見守るようになったのは、ワシントン州ウェストリッチモンドに住むタマラ・モリソンさん
の飼い猫で、オスのセーブル。1年ほど前に現在の家へ引っ越してきたというモリソンさんは、
学校の新年度が始まる昨年の秋ごろ、外に出ていったセーブルが「仕事を始めた」ことに気
が付いたという。

モリソンさん宅の周辺は、近くにある中学校の通学路。家の近くには大通りを横切る交差点
があり、生徒が登下校する朝と昼には、交通安全のために指導員の大人たちが交差点付近
に立っている。彼らの出現に合わせるように交差点へ出向き始めたセーブルは、以来どんな
天気であっても、登下校時には必ず交差点の一角にあたる歩道上に佇み、横断歩道を渡って
来る生徒たちと“挨拶”を交わすようになったそうだ。

セーブルが交差点での“仕事”をするようになった当初、窓から見つめては「道を渡らないで」
などと不安も抱いたというモリソンさん。しかし、指導員たちとも“挨拶”を交わすという彼は、
15歳という年齢もあってか、ゆったりと歩く程度で大人しいという。一方で生徒が近づいてくると、
体を触らせたり、生徒の足の間を通り抜けたりするなど、コミュニケーションも存分に楽しんでいる。

指導員のエミリー・グッドナイトさんは、「彼は私たちといるのが好きなんだと思う」と感じているそう。
別の女性指導員も「生徒が道路を渡っているときは、いつも彼がいるんですよ」と話し、指導員が
知る限りでは、彼の存在が認知されるようになってから「来なかった日はない」そうだ。

そんなセーブルを、中学校側は「名誉指導員」として受け入れ、飼い主のモリソンさんはしっかり
彼専用の指導員ベストを用意。学校のウェブサイトでも紹介されている彼は、学校の生徒や関係者
から“幸せを招く黒猫”として一目置かれる、大切な存在になったようだ。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0102/nrn_130102_4363420370.html





キャプチャ

スポンサーリンク






7 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 21:19:52.70 ID:fYSAwm04
家の近所に四本とも白いソックスをはいた黒猫がいる
なかなか可愛い

8 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 21:32:04.87 ID:qOAI/LWe
いい猫だ
黒猫は頭がいいと聞いたことがある
登校する生徒を見守っているんだね

家で昔飼っていた猫も、賢い猫だったな
一緒に散歩して、途中コンビニに寄るときは「すぐ戻るから待ってて」と言えば待ってる猫だった

9 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 21:37:36.94 ID:WsDPF6MO
たるみ(ルーズスキン)が立派だね。
黒猫はおっとりしていて優しいから好きだ。

10 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 21:42:54.24 ID:ydvcExg2
子供達にとったらとてもいい思い出になるね
いいなあw

11 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 22:44:19.57 ID:ifiy5ZxO
15年位前、家の近くにパンダ模様の野良猫がよくウロついていた。
そいつの背中にマジックで「いぬ」って落書きしたのを思い出した。
もう時効だから許してくれ。

18 :やまとななしこ:2013/01/03(木) 00:39:44.12 ID:ElIz9LS8
>>11
俺は犬の額に「肉」と書いて、まゆげも書いてやった。

12 :やまとななしこ:2013/01/02(水) 23:09:27.84 ID:2PzbHw8t
ねこですら毎日仕事をしているというのにおまえらときたら…