574 :本当にあった怖い名無し:2011/08/10(水) 22:26:58.49 ID:Wb1B46GoO
家で飼った猫は、茶トラのメスだった。
海辺の空き地に捨てられていて、4匹拾ったうちの一匹だった。
あとの3匹は、残念ながら死んでしまった。

ミーと名付けられた彼女は、すくすくすくと育った。
猫嫌いだった父が、ミーよミーよと呼ぶ。
鈴をチリチリ言わせて走りよるミー。
子供も産み育て、その子がまた子を産みと、曾孫まで生まれたあと、
彼女は病気になってしまった。
足先手先が麻痺をして、歩けなくなった。
時間が来たらトイレへ、ご飯へと彼女の世話をしたのは父だ。
ミーよと呼んでも、あの鈴の音は鳴らなくなった。
近所の獣医、大学病院、都内の有名な病院で検査をしてもらった。
けれど、原因がわからなかった。

秋の始め、彼女はひっそりと押し入れの奥で亡くなった。
庭先の紅葉の木の下に埋めた。
ミーよ、父が呼ぶ。
縁側に続く廊下の向こうから、チリチリと微かに鈴の音が聞こえた。
それだけでも怖いやら悲しいやらなのに、父が、
「ああ、ようやっと歩けるねえ」
と嬉しそうに言ったので、私は我慢できずに泣きました。
ミーちゃん、お父さんがそちらに行ったと思うけど、
無事会えたかな?
お父さんも膝を悪くしちゃったので、温めてあげてね。

引用:https://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1308336937/



キャプチャ

スポンサーリンク