851: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 07:24:48.14 ID:1aycn+7t
来月とうとう毛玉を飛行機に乗せるという虐待を行うことが決定した。
海を渡って故郷を離れ、日本という毛玉にとって未知の土地へ連れ去るというあまり例のない虐待行為だと思う。
キャリー込みで計6キロというなかなか厳しい制限があった為、毛玉にやつれさせる虐待を行っていたのだが、
先日飛行機のチケットを取った際に毛玉を客室内携行の旨を伝えたところ、制度が変わって8キロまでになったというではないか!
以前は6キロ制限でギリギリオーバーだったので与るマズイ肉の塊を減らしてやつれさせる虐待していたのだが、
これはもう早々に終わらせて、また肥えさせる虐待をまた始めることができる!
キャリーも苔玉時代から使っていたのを軽量タイプのものに切り替えている途中だったのだが、
なにせ苔玉から使っているキャリーだから名残惜しいのかしまってある部屋のドアをガリガリやって出そうとするのだ。
古いキャリーは昼寝場所のローテーションの一つだったのだが、新しいキャリーは殆ど使わなくて心配していたのだ。
これで心置き無く今までのキャリーを使える!
海外から毛玉を連れて日本に入国するのはなかなか大変だ。
手続きが煩雑すぎて挫けそうなのでなんとか虐待が捗るような応援を頂けないであろうか?

因みに空港の検疫所とも連絡を取っているのだが、こやつらは毛玉に毒されているのか、毛玉のことを「猫ちゃん」などと言いやがる!
なんてかわい…いや、おぞましい呼び名だろうか!!!




キャプチャ

スポンサーリンク






852: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 08:21:46.32 ID:fOgX64bN
>>851
それは壮大な虐待プロジェクトだな。私の知人で数年前にアメリカから奴隷を持ち帰った虐待師がおるが、今も日本で虐待に勤しむ毎日だそうだ。

成田監禁中は凄腕の虐待師集団が対応してくれるそうなので、どうか安心して準備万端で挑まれたし。健闘を祈る。

853: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 13:08:00.12 ID:RvmpH8xw
秋田の殿様がロシアのプーチンから毛玉(まさしくあれは毛玉・・)を譲渡された際、検疫の関係で
半年ほど検疫所で拉致監禁されていたが、おつとめが終わって出て来た毛玉はそれは見事な
ふわっふわ・・じゃなくてぼうぼうの醜い姿をしてたな
さすがの凄腕虐待師だと感心したものだ
なにぶん経験がなくて具体的なアドバイス等できないのが申し訳ない

854: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 15:41:22.92 ID:jCMNwH8D
前に馬の検疫人のテレビを見たことがあるが一日中虐待のみを行える夢の様な仕事だそうだ(本人談)

855: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 18:08:17.38 ID:MsJpt9sl
日本の検疫虐待は長すぎて
虹の橋を渡るワンニャンも出ると
聞いた事があるが
高齢じゃなきゃ大丈夫なんかな?

856: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 18:13:32.33 ID:P0VAmqxo
>>855
秋田の虐待師のところに来たあのドンくさい毛玉はどのぐらいいたんだっけか

857: わんにゃん@名無しさん 2014/10/03(金) 18:38:49.36 ID:1aycn+7t
>>855 >>856
平和と書いてミールと読むあのボサボサ毛玉はしっかり180日の監禁をされていたそうだ。
今までの虐待を証明する書類がきちんと揃っていて、これからも虐待を受けるにふさわしい体だと証明されれば12時間以内、
通常何も問題なければ小一時間で終わるそうだ。
180日っていうのも、元々は連れて行く前にやらなきゃいけない準備期間の日数なんだよね。
狂猫病のウイルス感染を2回やってその後血を抜いてしっかりウイルス感染しているかどうか確認された後
180日その国で過ごしていればなんの問題も無かったわけだ。
つまり、あの毛玉が検疫所で監禁されたのは日本の検疫システムをきちんと把握していなかったロシア側の完全な落ち度と言うことだ。

906: わんにゃん@名無しさん 2014/10/07(火) 12:09:03.98 ID:Z1bA5JDq
>>857
そうだったのか

ネコを虐待しようかと思っている 23匹目
https://maguro.2ch.net/test/read.cgi/dog/1392717392/