716: 素敵な旦那様 2005/08/30(火) 22:32:13
暑いから玄関先で一日中寝てばっかりいる猫でも、
たまには起きて居間などの様子見に来る
たんすやら柱やらに体擦り付けた後、
カミサンの足にもすりすりすりすり

「そんなに一生懸命しるしつけなくたって、あたしはあんたのもんだよ」

・・・俺にもそんな風なこと言ってください・・・

717: 素敵な旦那様 2005/08/30(火) 23:03:24
>>716
それは奥方は716の物ではなく、716こそが奥方のものである、ということではないだろうか。

718: 素敵な旦那様 2005/08/31(水) 04:20:05
716>奥>ヌコ・・・・・・?

( ;゜Д゜)

719: 素敵な旦那様 2005/08/31(水) 10:54:49
なあ…ひとつ思い出話を書かせてくれ。

実家にいた長毛種のばーちゃん猫が、このあいだ逝った。
ちょうど15歳。今年の初めに乳腺癌になり、手術はしたが
もう長くないということは獣医からも言われていた。
平均寿命も10歳ぐらいとのことで、すげえ長命だ、これ以上
体に負担をかけて投薬なんかをせずに、みたいなことを
親と獣医が話し合って、実家でゆっくり最後の時間を過ごさせた。

手術後すぐは、とりあえず元気になっていたが、春の終わりごろ
から手術をした側の足を引きずるようになり、トイレもその場に
してしまったり、エサもほとんど食べないように衰弱していた。
うちには後から来たぬこ(こいつも今年で12歳。オス)がいて
いつもばーちゃんを苛めていたんだが、ヤツも雰囲気を察して
いるんだか、ちょっかいを出さなくなっていた。

7月の中頃、用事があったので帰省した。
多分、触れられるのは最後だと、色々話しかけたり触って
やったりしていた。
ばーちゃんも、ここ近年は、離れて暮らしてるっていうのもあった
ので、あんまりこっちに近づいてこなかったのに、親が「珍しい」って
いうぐらいに俺に甘えたりしてきた。
大好きだった甘いものも食べなくなった、っていうのに、俺の
手からは食べてくれた。
「(俺が帰省する)2日前まで、一時水も飲まない、食べない、
身動きひとつすらしない状態だったのに、あんたが帰るよーって
話しかけたら、元気になったんだよ」
母親が嬉しそうにいってくれた。
俺、家族の中で一番ばーちゃんを可愛がってたって自負があった
んだ。新しいのが来て、やつのほうが愛想がいいから、みんな
そっちにいったんだが、俺はばーちゃんが大好きだったし、小さい
頃からばーちゃん命になってたから。
その気持ち、俺の独りよがりじゃなかったのかも、て思えた。
(あ、もちろんもう一匹も好きだ。そっちに冷たくあたるとかはしてない)

720: 素敵な旦那様 2005/08/31(水) 10:56:22
帰る前、ここで書いてあったように、首元の白い毛と黒い毛がまじってる
部分を貰ってきた。一生持ってるから、ちょっとくれよーって。
もう生身で会うことは出来なくても夢で会いにきてくれよ、とか、お前は
もう十分頑張ったから、無理はしなくていいぞ、とか、俺にとってお前が
これまでもこれからも最高のぬこだ、とかそういうのを話しかけて撫でて
ほんと後ろ髪引かれる思いで帰った。

そしてそれから2週間後、早朝に親から電話があった。
「眠りながら逝ったよ」って。
苦しそうな顔もせず、本当に眠りながらだったらしい。
嫁さんに抱きついて泣いたよ。これでもかってぐらいに涙が出た。
土曜日だったから、泣きながら寝ちまった。

それからまた丁度1週間後、夢を見た。
ばーちゃんが弱ってる、っていう話を聞いて、嫁さんがばーちゃんを抱いて
うちに帰ってくるんだ。
最初は椅子の上にのっけられて、息も絶え絶えだったんだが、見る見る
元気になって、椅子から降りて「にゃー」って鰹節せがむんだ。
あー、元気になった。このまま猫又になるまで生きてくれよーって思ってる
うちに目が覚めた。
逝ったっていうことを聞いて以来、俺がへこみ続けてたから、「こいつは全く
しょーがねーなー!」って思って、来てくれたんだと思ってる。
霊とかは見えないけど、今も唐突に思い出したり、足元が不意に気になる
時がある。多分、遊びに来てるんだと思う。

俺はもう大丈夫だし、俺はお前のことを絶対忘れないし、元気にやってる。
だから安心して、ぬこの天国で思いっきり遊んでくれ。

長文スマソ。やっと書き出せた。

723: 素敵な旦那様 2005/08/31(水) 16:27:10
>>719
ばーちゃん猫も719が大好きだったんだね。
元気で暮らしていれば、いつかまたばーちゃん猫に会えるよ。
それまで天国でゆっくりお休みなさい、ですな。 
  
 
  
 

724: 素敵な旦那様 2005/08/31(水) 18:08:58
>>723
泣いた。泣いたぞ。

725: 素敵な旦那様 2005/09/01(木) 00:07:41
>>719
虹の橋だっけ、猫が待っててくれる場所。
ばーちゃん猫はきっとそこでマターリとしながら、719と
再会する日を待っててくれるよ。時々は現世に下りて
きて、719のそばでくつろいでるかもしれない。大事な
思い出を持って、いつか遠い日に再会してくれな。

726: 素敵な旦那様 2005/09/01(木) 11:54:15
>>719
( ;∀;) ナケタ

猫じゃないが、俺も今年初めに7年ちょっと一緒だったフェレットに
死なれた時には凹んだ。嫁さんと結婚する前から飼ってた奴だったんだが。

で、火葬してもらったんだが、お骨がハンモックで寝てる時の格好で出てきた。
こいつら、なぜかみんなハンモックで丸まって寝るのが大好きなんだが、
死ぬ間際はその体勢が苦しかったのか全然ハンモックに乗らなかった。
「きっと楽になったんだね」と嫁と泣き笑いで話した。

俺は霊だの何だの全く信じないし、これは普通の物理的な現象だろうってのも
わかるんだが、ちょっとだけほっとした。

727: 素敵な旦那様 2005/09/01(木) 11:55:28
>>726
お前も昼間っから泣かせるんじゃねーよ(´Д⊂ヽ

732: 素敵な旦那様 2005/09/01(木) 16:50:49
>>719
泣いたよ。
ダーダー泣いちまった。
この手の話に弱いんだよな俺。
うちにいる猫ももう16歳だ。
元気にしてるが、心の準備だけはしとかないとな…
嫁さんが中学の頃から飼ってる猫だから、
こいつになんかあった時、俺より嫁さんが心配だ。

https://human5.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1104200133/716-



キャプチャ

スポンサーリンク