日本で1番けもの臭いサイト。2ちゃんねる、その他の掲示板から生き物・動物の情報をまとめている動物系まとめサイトです。犬猫・ペット大好き板から主にまとめています。動画・画像・短レスの紹介サイトです。









ニュース(猫)

キャプチャ

鳥羽水族館にネコ登場

mixiチェック
 15/03/16(月)16:14:37 No.117752  
1426490077926

鳥羽水族館にネコ登場

三重県鳥羽市の鳥羽水族館が、国内の水族館で初めてネコ科の動物を飼う。名が「漁(すなど)る」に由来するスナドリネコのペア。欧州の動物園から輸入し、開館60周年を記念して21日にオープンする新ゾーンの目玉にしたい考えだ。
http://www.asahi.com/articles/ASH365DGRH36ONFB023.html?iref=comtop_6_01
15/03/16(月)17:01:56 No.117760
見に行きたい
15/03/16(月)17:23:26 No.117762
しまっちゃうよ
http://momi6.momi3.net/nk/s.php?res=117752

【米国/どうぶつ】蟹に襲われていたところを助けたのがきっかけに…愛し合うオス猫2匹が結婚

mixiチェック
65 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2011/02/08(火) 14:02:46 0
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1297140087/
【米国/どうぶつ】蟹に襲われていたところを助けたのがきっかけに…愛し合うオス猫2匹が結婚[02/07]

1 :特亜の呼び声φ ★:2011/02/08(火) 13:41:27 ID:???
ニューヨークでオス猫同士の結婚式が行われた。

1月28日付けのアメリカ娯楽誌の「ピープル」によれば、今回結婚式を行ったのは
「ブルーノ」と「ソロモン」という2匹の猫。式を主催したのは彼らを保護している
猫シェルターの「オリーズ・プレイス」のスタッフだ。両者ともにオスということで、
世界初の同性猫夫婦が誕生したことになる。

2匹の出会いは5年前に、蟹に襲われていたブルーノをソロモンが助けたのが
きっかけだという。「オリーズ・プレイス」に保護されて以降も仲睦まじくすごしている
二匹を見たシェルター職員が、式を行うことを思い立ったという。

式にはシェルターのスタッフなど50人が参加。式当日は両者の大好物で作られた
ウェディングケーキが用意されたほか、人間の結婚式同様にブーケトスやケーキ
入刀などのセレモニーも行われたという。


▲婚活ニュース(2011/02/07 18:00)
愛し合うオス猫2匹が結婚 結婚式に50名集まる
http://www.koikatsu-news.com/news_B8ClwY03l.html

■People Pets(2011/01/28 4:30)
Here Come the Grooms! Cats Bruno and Solomon Get Married
http://www.peoplepets.com/news/cats/here-come-the-grooms-cats-bruno-and-solomon-get-married/1


■Ollie's Place
http://www.olliesplace.org/
ニャッハー!


続きを読む

【ネコ】ニャッハー! ネコも陪審員になる時代だぜー!

mixiチェック
1 :守礼之民φ ★:2011/02/05(土) 13:25:09 0
米国では刑事・民事に関わらず、重罪で起訴された場合、
被告人は陪審員による審理を受ける権利があります。

陪審員は6~12人で構成され、選挙権のある(すなわち18歳以上)市民から無作為に選出。
召喚状が届いたときには特別な辞退理由がない限り、裁判所に出向く義務があります。  

マサチューセッツ州ボストンに住むエスポジート家にも先日、この陪審の召喚状が届きました。
しかし、手紙を開封した彼の家族は困惑。なぜならサールはエスポージート家の「飼いネコ」だったからです。

一体どういうことなのでしょうか。

米放送局NBC系列のWHDHや米紙ニューヨーク・デイリーニュースなどによると、間違いの発端は、
昨年の夏までさかのぼります。サールの飼い主であるガイ・エスポジートさんと妻のアンナさんは、
半年前に行われた国勢調査用紙の「家族の氏名」の欄に、自分たちのほか、“ペット”として
サールの名前も記入したのです。

しかし、何らかの手続き違いで“ペット”から“住民(人間)”としてデータ登録されてしまったため、
今回の陪審員の選抜にも名前が加えられてしまったと見られています。

しかし、さすがにサールはネコ。とても陪審員は務まりません。
そこでアンナさんは辞退の返答をすることにしました。

米国の法律では、前科がある場合や、疾患で任務の遂行が難しい場合、
英語の読み書きができない場合などであれば陪審員の辞退は可能。
そのため、アンナさんは「サールは英語が理解できません」と辞退理由を伝えました。

ところが、裁判所からの返事は「その理由では辞退を認めない」。

これには困り果てたエスポジートさん夫婦。裁判が始まる3月23日までに
なんとかサールがネコであることを証明したいとしています。

ただ、「それでもダメだったら、サールを連れて裁判所に行きます」(WHDHより)とも。

そして、陪審員として何か質問された際には「たぶんニャーと答えることでしょう」
(ニューヨーク・デイリーニュース紙より)とジョークを飛ばしていますが、はてさて、どうなることやら。

陪審員に指名されたサールさん:
http://www.narinari.com/site_img/photo/2011-01-19-072434.jpg

ソース(ナリナリドットコム):
http://www.narinari.com/Nd/20110114899.html


続きを読む






Powered By 画RSS
スポンサーリンク
最新コメント
ようこそ!
prof



現在
相互RSS相互リンクを募集しています。

詳しくはこちらから!!




↓感謝感謝↓
2ちゃんねる

上記のサイト様から記事を選ばせていただいております。
ブックマーク
。゚+.宜しければ登録お願いします!!゚+.゚



このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録



Twitterボタン

~検索フォーム~
プライバシーポリシーなど
当サイトではgoogleのAdsense広告を配信しております。広告配信をする際にcookieなどで情報収集をさせていただいております。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

cookieなどで情報を発信したくない場合はcookie機能をoffまたは、プライバシー センターにてgoogle社cookie機能をオフにできます。

アクセスカウンター