1 :ポキール星人Zφ ★:2011/11/25(金) 13:37:34.16 0
従順で人なつっこく足元にじゃれついてくるイヌ、ツンとすましているけれどなぜか憎めないネコ――。
人間の好みはイヌ派とネコ派に大きく分類できるそうだ。では、世の中にはイヌ派とネコ派のどちらが
多いのだろうか? そんな疑問から取材を始めると、世相やライフスタイルの興味深い変遷が浮かび上がってきた。

■世帯数ではイヌ派が圧倒的に多いが…

表1は一般社団法人ペットフード協会が2010年10月に調査した統計結果(推計)である。イヌを飼っている世帯をイヌ派、
ネコを飼っている世帯をネコ派と定義すると、イヌ派の方がネコ派の2倍近くもいることが分かる。

全世帯約5280万世帯に対する飼育世帯の割合(飼育率)を比べた場合、イヌが17.8%でネコの10.6%のほぼ2倍に
近い水準。統計で見る限り、イヌ派の方がネコ派よりも圧倒的に多数派なのだ。

ところが、飼育頭数自体をみると、イヌが約1186万頭でネコの約961万頭とさほど変わらない。
この“矛盾”は「飼育世帯あたりの平均飼育頭数」で説明できる。平均飼育頭数ではイヌが1.26頭、ネコが1.72頭。
ネコの方が圧倒的に多い。やはり、エサやりや散歩、しつけなどの世話でイヌの方がネコよりも大変なことが
影響しているためと考えられる。

イヌを飼う家は全体の2割、ネコを飼う家は1割。イヌは1頭で、ネコは2頭で飼われている――。これがイヌ派、ネコ派の実態なのだ。


続きはソース元で
http://www.nikkei.com/life/column/article/g=96958A90889DE1E4E4EBE5E7E6E2E0E0E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2EBE0E2E3E3E6E1E4EB

174 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2011/11/25(金) 18:03:41.32 0
>>1
全然驚愕じゃないだろ
容易に予想できる結果だわ


続きを読む